このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年中途採用

種山 浩子

業務部 仕入チーム
医療関係から不動産業界へ転職
業務部 仕入チーム/種山 浩子

自己紹介をお願いします。


2015年1月に入社しました業務部の種山と申します。あだ名は、みんなから「たねさん」とか「おたねさん」「たねっしーさん」とかいろいろと呼ばれています。

仕事の内容は、物件の仕入れを担当しており、入社して4年半仕入畑一筋です。

市場に出回る前の物件が毎月1200件程紹介されてくるので、その中から『立地』『エリア』『築年数』『構造』等で和不動産及び金融機関の厳しい条件をクリアした物件のみを厳選し仕入を行っています。

和不動産では、「失敗しないこと」を前提にマンション経営を勧めているので、全てのオーナー様にご満足してもらう事こそが私たちの使命だと思っています。

その為には、【今も】【50年後の将来】も家賃が下がらず、資産価値をキープし続けられる物件かをかなり厳しく選んでおります。

日々、未来のオーナー様の為に、良い物件を仕入れられるよう、たくさんの仕入業者と良いおつきあいをしております。

和不動産では「三方よし」が会社のモットーですが、その中にお取引との【和】も含まれており、仕入れ業者とのネットワークやコミュニケーションも大切にしており、だからこそ良い物件を優先的にご紹介いただけるだと自負しています。

和不動産での働き方や福利厚生等の待遇について

社員が働きやすい様、様々な面でサポートをしてくれます。

資格取得支援制度では、宅建士(宅地建物取引士)をはじめ、FP(ファイナンシャルプランナー)、賃貸管理経営士、その他多数の資格手当が、会社から毎月支給されます。
資格を取得することで、自分自身のスキルアップに繋がり、更に仕事に役立てることが出来る上に、資格手当もきちんと受け取れるというのはやりがいに繋がりますね。

また、昇進のステップも細分化され、次の目標も立てやすくなりました。個人個人で目標を立て、その目標に向かってスキルアップをすることで、日々の仕事にもやりがいを感じる事が出来るのはとても嬉しい事です。

また、不動産会社というのは、男性が多いというイメージがありますが、和不動産では、子育てと仕事が両立できる様にと在宅勤務を新しく導入し女性が働きやすい制度を導入したり、都内の高級賃貸マンションに1/3の賃料で社宅として住むことが出来たりと、社員が働きやすい環境作りに積極的に取り組んでいただけたりするのもとても有難いことです。

職場の雰囲気

上下関係なく「あだ名」で呼び合うのが、なごみ流です。社長があだ名を命名して、入社する方はいきなりあだ名で呼ばれて最初はビックリしますが、すぐに仲良くなれいいと思います。
仕事中でも毎日冗談を言い合っては笑い、和気あいあいとしつつも、時には厳しい意見が飛び交うこともあります。
それも、オーナー様に喜んでほしいと社員一人ひとりが、強く思っているからこそだと思っています。
そして、あだ名で呼び合う事により、相談しやすい環境づくりが自然に出来ていると感じます。

相談しやすい環境という事は、仕事をする上でとても大切だと思います。『仕事は楽しくきちんとやる。』『遊ぶ時は遊ぶ』『やる時はやる』というメリハリがしっかりしていて、とても働きやすく成長できる職場だと思います。

やりがい・抱負

やはり、自分が仕入れた物件が瞬く間に購入にいたった時ですね。
買っていただくという事は、オーナー様に気に入って頂けたという事です。営業部より「購入です!!」と聞くととても嬉しく、やる気が上がります。
不動産は決して安い買い物ではありません。オーナー様も買う時は、少しでも気に入らない箇所があれば「買う」という決断には至らないと思います。
私は、オーナー様に成功して頂くために、成功できる物件を仕入れる責任があります。その為に厳選に厳選を重ね、日々仕入業者と取り引きをしてきました。

これからも、それは変わりません。

和不動産のオーナー様に喜んでいただける様な物件を1件でも多く仕入れて、オーナー様の笑顔を増やしていくことが、私の生きがいです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

一般事務に関連する求人票を見る